キャラメルのような形ですが味噌を6等分して持ち帰ります。

9月上旬、仙台市内の幼稚園に出向いて味噌仕込みをしてきました。
参加者は園児と父兄・教師合わせて約100名! 
今年で3年目となるため、今回が2回目の参加という子供やお母さんが初めての方にアドバイスする姿も見られ、継続していくという事はこういうメリットもあるんだと感じた仕込みとなりました。

こちらの幼稚園では園庭で水田を手作りしお米を育ててみたり、昆虫を見つけたらその生態を調べられるよう虫メガネや図鑑が揃っていたりします。(私も通いたいくらいです!)
3回目の味噌の仕込みは園児自らが提案して実現したそうですが、発酵食品を通して「腐敗」との違いも知りたいという事で、この日はその違いについても説明させていただきました。
大豆は 宮城県角田町産 、お米は 宮城県七ヶ浜町産 で、県産の材料で作る8歩麹の仙台味噌。まだ気温が高い日が続きますので、早ければ今年中に食べられるかもしれません。
美味しいお味噌になることを祈るばかりです。

9月のイベント参加決定!
当店も仙台みそジェラートを販売いたします!
チラシ以下ご案内です。

\\\\おしらせです!////

「犬の宵市 at Harry’s Junction」

9月8日(日)11:00〜18:00 入場無料

〜青谷明日香ライブ OPEN 18:00 / START 18:30 料金2,500円(ワンドリンク付き)〜

🐶当日は犬のお客様もご来場いただけます🐕🐩

《FOOD》

◯Harry’s Junction(本格ハンバーガー&タコス/松島※イベント会場)🍔🌮🌯
ハンドチョップと粗挽きを混ぜたビーフ100%のパティ!食べ応えたっぷり、まるでステーキのような食感を是非ご堪能ください!

◯STELLA(鯨の竜田揚げ/石巻)🍗
鮎川の漁師さんお手製、揚げたて鯨の竜田揚げ!うめぇ〜がら、食うにいっちゃっ!(美味しいから、食べてみたら良いよ!)

◯太田與八郎商店(仙台みそジェラート/塩竈)🍨
創業1845年の太田與八郎商店名物「仙台みそジェラート」 麹歩合八歩の芳醇な仙台味噌とジェラートが出逢った豊かな味わいをお楽しみください!

《ART》

佐野 美里 (さの みさと)
1987年生まれ。松島在住の彫刻家。東北芸術工科大学院芸術工学研究科専攻彫刻領域修了。
たっぷりとしたフォルムで、女性の身体性を愛嬌のある犬の姿で表現している。
当日はドローイング作品の展示と、オリジナルグッズの販売、楠を使った造形ワークショップを担当!

《LIVE》

青谷 明日香 (あおや あすか)
ピアノ弾き語りシンガーソングライター。
郷愁あふれる田舎の風景から、哀愁ただよう都会のビルの風景まで、様々な主人公の物語を歌い紡ぐ。
FUJI ROCK FESTIVAL等の野外フェスや、お寺、神社、公民館、カフェ、バー、旅館等。演奏場所を選ばないスタイルで、年150本を超える演奏ツアーを敢行。また、テレビ、ラジオ、CM等への楽曲制作も行う。笑いあり涙あり、じわじわと感情ゆさぶる楽曲で、全国各地でファンを増やし続けている。

青谷明日香ライブ OPEN 18:00 / START 18:30
料金2,500円(ワンドリンク付き)/未就学児無料 
O.A/早坂春音(はやさか はると) 
【要予約】ライブチケットのご予約→https://forms.gle/dje3A63MTepZL8Lc7 
上記の専用フォームにてご予約いただくか、Harry’s Junction(022-290-6827)までご連絡ください。

🏖🐩🏖🐕🏖🐩🏖🐕🏖🐩🏖🐕🏖🐩🏖🐕🏖🐩🏖🐕

会場:Harry’s Junction(ハリーズジャンクション)
郵便番号 981-0215 宮城県宮城郡松島町高城町195-1コセキビル1階 TEL022-290-6827

夏休みの自由研究ではありませんが、麹の菌糸を撮影してみました。
外側に伸びていく白い綿毛のようなものが、顕微鏡で見ると針のように見えます。(倍率200倍)
また、麹の菌糸は外側だけではなく、米の内部にも潜り込んで中へ中へと菌糸を伸ばしますので、米に下から光を当てると下の画像のようになっています。
まだ写真が上手く撮れないので、上手に撮れたらまたUPしたいと思っています。

綺麗な紫色は大豆(ミヤギシロメ)の花です

2019年8月15日~18日まで店舗・ネットショップ共にお盆休みを頂戴いたします。
ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。

日曜日の営業時間中、男性から一本の電話が掛かってきました。
「うちの父親が亡くなり、母親も施設に入ってしまって家の中を整理していたんです。 以前からそちらで味噌を買っていたのでたぶんそうだと思うんですが、太田屋さんの味噌樽があるんです。」

昔は自ら大量に仕込んでいたお家も沢山ある中、ちょっと前までは1年分を購入して自宅の樽に移し替えていたお宅もありました。 
家族の思い出も詰まったその樽が役目を終えるということ・・・。
それはつまり、もう使わないので引き取って頂けないかという事でしたから、お断りする理由はどこにもなく喜んでお引き受け致しました。
長い年月働いてくれた木桶に敬意を表して綺麗にしてあげようと思います。

「ご苦労様・・・」というより「お帰りなさい」かな。

それにしても状態がとても良い! したがってまだ活躍してもらいたいので味噌か醤油を仕込みましょう! 木桶さんもう少しよろしくお願い致します。


梅雨に入った翌日の9日早朝、当店でも田植えを致しました。バケツに植え替えるだけなので、わずか20分で田植え終了!

東北地方は概ねGW頃に田植えを始めますですが、苗床を外に置き直播で発芽させる方法では気温が上がってからが安心なので、必然的に1ヵ月は遅れてしまいます。 コシヒカリの原種にあたる「ニホンバレ」と「ノトヒカリ」の種籾を混ぜてしまい「どっちがどっち?」となりましたが、今年も元気に育つよう管理を致します。

塩竈市には浦戸諸島という4つの島があります。 
それぞれ小さい島だけど、かつては島ごとに多くの人が住み、小学校・中学校もあって賑わっていた時代もありました。 
今は震災の影響もあって人口が減ってきているけれど、島で漁業を生業にしている方や、島に住んで市営汽船に乗って毎日通勤通学している人もまだまだいる現状。 
その島のひとつ、寒風沢島で農業をやろうと奮闘している「加藤くん」に会いに行って来ました。

島の農業を語る加藤くん

目的は加藤くんが試験栽培している小麦の出来具合を確認する事です。 
私が目指すのは、寒風沢島で穫れた小麦を原料に使って醤油を造ること。
彼と出会ったのは6年前。その時から「島で農業をして暮らしていきたい」と熱く語っていたのですが、一昨年、私から「小麦を育てられないか」と相談していたのでした。
その原料になる小麦を昨年試験的に植えてくれて、今年初めて収穫できそうだと聞いて見に行きたかったのです。

力強く伸びた小麦
栄養の乏しい島の土で農業をするのは難しい

収穫にはあと1ヵ月程度かかるという事でしたが、十分期待が持てる状態でした。他にも浦戸諸島に合う農業の形を沢山語り合って島を後にしたのでした。

市営汽船「しおじ」
島に渡る風は本当に気持ちがいい

5月26日 日曜日 宮城県の味噌醤油組合(宮城県味噌醤油工業協同組合)の一員として、ワークショップを開催して参りました。 当日は太陽の勢いがもの凄く、32℃という暑さの中で行ったのは「みそボール作り」と大豆の重量当てゲーム。 健康食としての仙台味噌に興味を持っていただいた方々を中心に沢山参加して頂きました。 みそ汁の試飲で塩分とミネラルも補給できるとあって「美味しい!」という声がいっぱいでした! このワークショップはまたどこかで開催いたしますので、皆様よろしくお願い致します。

みそボールは伊達政宗をイメージしたパッケージに入れます
今回はフリーズドライなど乾燥した素材をご用意
味噌とお好きな具をのせて行くだけなので簡単
大豆の重量当てで大豆「タチナガハ」300gを持ち帰った方も
葉が力強く伸び緑が濃くなった大豆(ミヤギシロメ)
グングン伸び始めた稲(ひとめぼれ)

5月の連休前に植えた店前プランターの大豆と稲が順調に伸びてきました。 大豆は緑の色を濃くしているし、稲は水を吸ったらぐ~んと伸びて。毎日水をあげながら観察するのが楽しみ。 今年も来店してくださったお客様に季節をお知らせする大事な役割があるので、枯らさないように水やり致します!

今年の3月に技能士一級検定試験 無事に合格致しまして、県庁に出向いて証書受け取って参りました。
二級を取ってから10年余りたっての技能検定試験でしたが、10年間の蓄積があったからこその合格だったと確信しております。
今回の合格は味噌醤油組合の研究室の方々や同業者の諸先輩方に色々ご指導いただいた結果でも有ります!
一級は厚生労働大臣の名前が入る、国のお墨付きなので、これからも精進して参ります。
今後もどうぞ太田與八郎商店をよろしくお願い致します。